大阪の税理士が気になるニュースをお届け致します

メニュー

お問合わせ
0669488161受付時間:平日9時~18時
会社案内
大阪税理士ナビHOME > 商いのすすめ > 法人の決算日はいつにするか

法人の決算日はいつにするか

投稿日:2014年12月15日

法人を設立する際、法人の決算日を決める必要があります。

以前は年度末の3月末を決算日にする会社が多かったようですが、最近ではあまりこだわらない経営者もいらっしゃるようです。

節税の観点からみると決算日はできるだけ繁忙期を避ける方が良いと思います。

大きな売り上げが上がってすぐ決算ということになると、なかなか有効な決算対策ができないからです。

月々の業績に季節変動があるような会社でしたら、大きく利益があがる月から半年ほどずらして決算日にするのが良いでしょう。

その間に設備投資や賞与などで有効な節税対策が打てることになります。

【大阪の若手税理士を無料紹介】

最終更新日: 2015年2月19日
最近の記事

お電話でのお問合せ

電話番号06-6948-8161

受付時間:平日9時~18時
受付担当:舘(たち)

税理士の変更を前提としてなくても、
お気軽に無料相談を受け付けています。

受付担当の
舘(たち)です!お客様に最適な税理士をご紹介いたします。


WEBでのお問合せ

お問合せフォーム

よくあるご質問(Q&A)

対応地域

地図 大阪府全域