大阪の税理士が気になるニュースをお届け致します

メニュー

お問合わせ
0669488161受付時間:平日9時~18時
会社案内
大阪税理士ナビHOME > 商いのすすめ > 税務調査はここをみている②

税務調査はここをみている②

投稿日:2016年01月12日

白紙の領収書をもらってきて記載するというのは言語道断ですが、急いでいる時に領収書の宛名や日付、金額などを空白でもらってしまう場合があるかもしれません。
もちろん本当に支払ったものであり、必要経費ということであれば、会社の経費として処理されるべきものであります。
ただその空白部分を会社側で書き込んでしまうと、後から余計な疑義が発生してしまうことになります。
調査官は税務調査のプロです。同じような筆跡、後から書き込んだような形跡があれば、これは怪しいということで余計な疑いを抱かせることになるでしょう。
場合によっては必要経費として認めてもらえないばかりか、仮装隠蔽行為と言われかねません。
どんな領収書であってもそれを受け取る時は、記載項目に不備、空白が無いか確認して受け取りましょう。
【大阪の税理士を無料紹介 会社設立 節税 融資】

最終更新日: 2016年01月12日
最近の記事

お電話でのお問合せ

電話番号06-6948-8161

受付時間:平日9時~18時
受付担当:舘(たち)

税理士の変更を前提としてなくても、
お気軽に無料相談を受け付けています。

受付担当の
舘(たち)です!お客様に最適な税理士をご紹介いたします。


WEBでのお問合せ

お問合せフォーム

よくあるご質問(Q&A)

対応地域

地図 大阪府全域