大阪の税理士が気になるニュースをお届け致します

メニュー

お問合わせ
0669488161受付時間:平日9時~18時
会社案内
大阪税理士ナビHOME > 商いのすすめ > 個人事業税はどのように計算されるのか

個人事業税はどのように計算されるのか

投稿日:2015年11月16日

個人で事業を営んでいる場合、所得税や住民税の負担に加えて、個人事業税の負担も考えなければなりません。
個人事業税は地方税になり、毎年8月と11月に納めることになります。
個人事業税は事業主控除が290万円ありますので、事業の利益がこの290万円を超えてくると税金が発生することになります。
つまり事業所得が290万円以下の場合には、個人事業税を負担しなくても済むことになります。
事業税の税率は一般的な事業の場合5%が適用されますので、事業をされている方にとっては、結構な負担になるのではないでしょうか。
【大阪の税理士を無料紹介 会社設立 節税 融資】

最終更新日: 2015年11月16日
最近の記事

お電話でのお問合せ

電話番号06-6948-8161

受付時間:平日9時~18時
受付担当:舘(たち)

税理士の変更を前提としてなくても、
お気軽に無料相談を受け付けています。

受付担当の
舘(たち)です!お客様に最適な税理士をご紹介いたします。


WEBでのお問合せ

お問合せフォーム

よくあるご質問(Q&A)

対応地域

地図 大阪府全域