大阪の税理士が気になるニュースをお届け致します

メニュー

お問合わせ
0669488161受付時間:平日9時~18時
会社案内
大阪税理士ナビHOME > 商いのすすめ > 節税効果としての長期平準定期保険

節税効果としての長期平準定期保険

投稿日:2015年08月31日

会社で生命保険に加入する時の目的として、第一には経営者の万が一に備えるということがあげられます。

経営者の死亡により会社の経営が不安定になりますので、今後の運転資金や借入金の返済に充てるというわけです。

第二のねらいとしては、保険料のうち一部が経費になるため、節税をはかれるということがあります。

もちろん解約返戻金や死亡保険金を受け取った場合には、今まで資産計上してきた分を除いて雑収入となるため、税金を繰り延べているだけという考え方もできます。

しかしきちんと、将来の保険に対する出口戦略を考えておけば、退職金などの大きな経費をつくることにより、節税がはかれるのです。

【大阪の税理士を無料紹介 会社設立 節税 融資】

最終更新日: 2015年08月31日
最近の記事

お電話でのお問合せ

電話番号06-6948-8161

受付時間:平日9時~18時
受付担当:舘(たち)

税理士の変更を前提としてなくても、
お気軽に無料相談を受け付けています。

受付担当の
舘(たち)です!お客様に最適な税理士をご紹介いたします。


WEBでのお問合せ

お問合せフォーム

よくあるご質問(Q&A)

対応地域

地図 大阪府全域