大阪の税理士が気になるニュースをお届け致します

メニュー

お問合わせ
0669488161受付時間:平日9時~18時
会社案内
大阪税理士ナビHOME > 商いのすすめ > 青色事業専従者給与を支給する場合の注意点

青色事業専従者給与を支給する場合の注意点

投稿日:2015年06月29日

個人で事業を始められた方は、奥さんがその事業を手伝ってくれている時に、給与をどうすればよいか悩むようです。

青色申告の場合、専従者給与をいくら出せば妥当な金額で、税金の負担も節税になるのかということですね。

もちろん専従者給与を出さなければ、配偶者控除を受けられますので、すくなくとも給与は38万円以上は出さないといけないと考える方が多いようです。

ただし節税を目的として過大に給与を出してしまうと、それはまた問題です。支給される金額が業務内容からして妥当かどうかということも検討しなければなりません。

また青色事業専従者給与を出す場合は、事前に税務署へ届出も必要になりますので注意が必要です。

【大阪の税理士を無料紹介 会社設立 節税 融資】

最終更新日: 2015年06月29日
最近の記事

お電話でのお問合せ

電話番号06-6948-8161

受付時間:平日9時~18時
受付担当:舘(たち)

税理士の変更を前提としてなくても、
お気軽に無料相談を受け付けています。

受付担当の
舘(たち)です!お客様に最適な税理士をご紹介いたします。


WEBでのお問合せ

お問合せフォーム

よくあるご質問(Q&A)

対応地域

地図 大阪府全域