大阪の税理士が気になるニュースをお届け致します

メニュー

お問合わせ
0669488161受付時間:平日9時~18時
会社案内
大阪税理士ナビHOME > 商いのすすめ > 領収書がない経費はどうすればいいのか

領収書がない経費はどうすればいいのか

投稿日:2015年06月22日

領収書がない経費と書くと意味ありげに見えますが、これは普段の営業活動でもよくあることです。

例えば電車賃ひとつとってみても、券売機からいちいち領収書が出てくるわけではありません。

また金額が少し大きくなる可能性のある慶弔金はどうでしょう。これも相手方に領収書の発行をお願いするわけにもいきませんよね。

このような場合はきちんと記録と証拠となる資料を残しておく必要があります。たとえば取引先への香典であれば、記録として日付、相手先名、金額、内容などです。

また証拠資料としては先方から送られてきた案内状などを残しておくと良いでしょう。

【大阪の税理士を無料紹介 会社設立 節税 融資】

最終更新日: 2015年06月22日
最近の記事

お電話でのお問合せ

電話番号06-6948-8161

受付時間:平日9時~18時
受付担当:舘(たち)

税理士の変更を前提としてなくても、
お気軽に無料相談を受け付けています。

受付担当の
舘(たち)です!お客様に最適な税理士をご紹介いたします。


WEBでのお問合せ

お問合せフォーム

よくあるご質問(Q&A)

対応地域

地図 大阪府全域