大阪の税理士が気になるニュースをお届け致します

メニュー

お問合わせ
0669488161受付時間:平日9時~18時
会社案内
大阪税理士ナビHOME > 商いのすすめ > 中古自動車の購入は節税になるのか

中古自動車の購入は節税になるのか

投稿日:2015年05月11日

書店で節税の本を見ていると、営業車は中古にしなさいという文言をよく見かけます。

事業をされている方であれば減価償却の事はご存知かと思いますが、中古車を購入するねらいは、この減価償却を最大限利用することにあるのです。

一般的な車両を購入した場合、新車であれば耐用年数は6年となりますが、中古車の場合は、何年落ちかによりますが、最短で2年になることがあります。

この場合、車両の購入費用はいったん固定資産に計上されますが、うち多くの部分が減価償却費として当期の費用にすることができます。

営業車の購入時には、節税の観点から中古車を選択されることも、ひとつの手段かと考えられます。

【大阪の税理士を無料紹介 会社設立 節税 融資】

最終更新日: 2015年6月15日
最近の記事

お電話でのお問合せ

電話番号06-6948-8161

受付時間:平日9時~18時
受付担当:舘(たち)

税理士の変更を前提としてなくても、
お気軽に無料相談を受け付けています。

受付担当の
舘(たち)です!お客様に最適な税理士をご紹介いたします。


WEBでのお問合せ

お問合せフォーム

よくあるご質問(Q&A)

対応地域

地図 大阪府全域