大阪の税理士が気になるニュースをお届け致します

メニュー

お問合わせ
0669488161受付時間:平日9時~18時
会社案内
大阪税理士ナビHOME > 商いのすすめ

商いのすすめ

日々、仕事を通じて考えたこと、気づいたことを綴っています。
このような"コラム"としてまとめる目的は、「思いや気づきをカタチにして残す」。
自分で気持を整理するだけでなく、読んで頂いた方にも何かのヒントになればと思っています。

法人を設立した場合、設立日以後2ヵ月以内に、税務署などに対して法人設立届出書を提出しなければなりません。 その時に添付すべき書類として、 ・定款の写し ・法人の登記簿 ・株主名
2014年09月16日
印紙税の非課税枠が拡大されましたが、この改正については、領収書等の「金銭又は有価証券の受取書」の印紙税のみ引き下げられています。 以前は領収書等の「金銭又は有価証券の受取書」の印紙税額は記載金額
消費税の課税方法には、本則課税方式と簡易課税方式があります。 一般に不動産賃貸業を営んでいる会社は簡易課税方式を適用しているところが多いかと思いますが、 今回この不動産賃貸業などが採用する
会社を設立するときに、資本金をいくらにするか迷われることがあると思います。 というのも、資本金等の金額により、消費税・地方税の税額が変わってきます。 消費税については、新規設立法人の場合、
« First‹ Previous
<前へ1011121314
最近の記事

お電話でのお問合せ

電話番号06-6948-8161

受付時間:平日9時~18時
受付担当:舘(たち)

税理士の変更を前提としてなくても、
お気軽に無料相談を受け付けています。

受付担当の
舘(たち)です!お客様に最適な税理士をご紹介いたします。


WEBでのお問合せ

お問合せフォーム

よくあるご質問(Q&A)

対応地域

地図 大阪府全域